ブログ|HARU工房いちまる

オフィシャルブログ

新生活での必需品アイテム

大分県も20℃を越える日がチラホラ🤔

この時期は新生活に向けて色々な準備で忙しいてんてこ舞いではありませんか?

主に電化製品や家具など、生活する上で欠かせない物が沢山あります。

皆さんが住んでいる戸建住宅、マンション、アパートなどで「必ずある物」といえば?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は「カーテン」です!

冷蔵庫!と言いたいとこですが、以前、アパートで一人暮らしをしているお客様宅に飛散防止フィルムを施工させて頂いた時に、「自炊する事が無いので冷蔵庫は無いですよ~」という事をお聞きしました💦

その方はお仕事の勤務帯が夜勤メインなので冷蔵庫や照明よりも遮光カーテンが必需品との事でした(笑)

◎なぜ遮光カーテンがあるのに飛散防止フィルムを貼るの?と思いませんか?

 

商材名が「飛散防止フィルム」なので「割れたガラスを飛び散らせない」というのは誰でもわかる事ですよね?

もちろんこのお客様もガラスが割れた時の為ではなく、ガラスフィルムのもう一つの特徴である「紫外線99%カットする」を理由にフィルムを貼って欲しいとの事でした。「ホームセンターで遮光カーテンを購入したのですが、3年もしないうちに外側が日焼けにより真っ白になってしまって😭」

 

カーテンや窓ガラスにも種類やグレードがあります。しかし光や熱を遮ってももう一つの「紫外線」いう人体や調度品に有害なものがあります。よく耳にする「UV」というものです。

 

太陽光線には「赤外線42%(暑さ)」「可視光線52%(明るさ)」「紫外線6%」というエネルギーの割合になっています。お子さんが夏に外で遊んで帰ってくると皮膚が赤くなっていたり、更に屋外での部活動などでは真っ黒な子供達をよく見かけますよね?

たった6%ですが人体にどれだけ影響があるか、もちろん先程のお客様の様にカーテンが焼ける、フローリングが焼ける、家具や壁紙が焼けるなど紫外線によって様々な場所に影響があります。

しかし残念ながら「ガラスフィルムで紫外線が99%できる=日焼け防止をすれば余分なお金(コスト)がかからない」という事の認知度が低いのが現状です。

 

今回は「新生活での必需品アイテム」という事でした。もちろん「新築や新店舗」などにもガラスフィルムは必須アイテムになる事間違いなしです!

大分県で窓ガラスフィルムにご興味のある方は「HARU工房いちまる」までお問い合わせ下さい!

 

 

 

ガラスフィルムでパーティションを装飾

2月になり、大分県内も若干寒さが和らいできましたがまだまだゆだんは禁物です😭

今回の施工事例は「屋内のパーティション(間仕切り部)」に目隠しデザインフィルムの事例です。

使用したフィルムは「サンゲツ社製 GF1803クリアウッド」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様なフィルムです。↑

パーティションの設置個所はトイレ。ガラス店に材料を搬入して頂き、その場でフィルムを貼らせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工前↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後↑

 

 

実際の設置個所は↓この様なイメージになるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティションは店舗や、会議室、銀行などでよく見かけるイメージですが、最近では一般の住宅でも設置されている様です。

もちろんパーティションで、オフィスをおしゃれに決めたい、と思っておられる方も多いでしょう。パーティションに貼るフィルムは、室内のインテリアや雰囲気、好みによってデザインを選ぶことをおすすめします。
色味や素材なども重要な要素なので、パーティションへフィルムを貼るの際には、他のインテリアとのバランスも考慮するとよりオフィスや店舗内に統一感を持たせ、オシャレを演出することが可能です。

それだけではなく目隠し効果も期待でき、貴方だけの「プライベート空間」に早変わり致します!

ガラスフィルムでお悩みの方は「HARU工房いちまる」までご相談ください!

 

 

 

SDGsへの取り組み

HARU工房いちまるでは企業活動を通じたSDGs達成への貢献を目指しています!

 

 

 

 

現在、世界共通で取り組んでいる【SDGs】に窓ガラスフィルムで貢献するために、昨年10月に日本SDGs協会の方へ申請していた「SDGs事業推進証書」☝

① 窓ガラスフィルムで、省エネ・地球温暖化・電気料金のコストカット・住宅の安全性を守ります!

② お客様が低コストで、今と環境を変えられるのはガラスフィルムしかないと自負しております!

■ 持続可能な開発目標(SDGs)とは?

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。    出典・外務省ホームページより

小さな事でも一人一人が意識して取り組んで行けば、より素晴らし未来が待っていると信じています!

 

SDGsに力を入れている企業様からの仕事のご依頼もお待ちしております。まずはお問い合わせだけでも構いません。何でもふと気になったこと、些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

身近に迫る地震の脅威

令和6年1月1日に能登半島内陸部で直下型の地震が発生しました。

17日現在、石川県によりますと232人の死亡が確認されており、重軽傷者に至っては1045人と発表されています。

その他、安否不明者21人。2万2495棟の住宅被害。停電は約7750戸。5万900戸での断水。今も余震の恐怖と寒さなど劣悪な環境での生活が続いています。

私達が住んでいる大分県も2022年に30年以内に震度6以上の巨大地震が起こる。今やるべき備えと京大名誉教授が予想しています。

では今やるべき備えとは何でしょう?

 

 

🙅ホームセンターで「防災対策グッズ」などを購入したから安心!

これは「今やるべき備え」に該当しません。地震が起きた時にどの様にして「命を守る」かです。こちらをご覧ください。↓

「ANNnewsCHより」

建物の崩壊により飛散したガラス片。地震が起きた時、1番最初に壊れる部分が「窓ガラス」と言われています。もし運良く建物が崩壊しなかったとしても、窓ガラスが割れ、破片が飛び散っていたら、屋外に避難できず2次災害(火事、建物の倒壊、余震による被害)に巻き込まれてしまいます。

能登半島地震では石川県などで90の学校が休校。11府県、830の学校で窓ガラスが割れるなどの被害が確認されていることが分かりました。

もし今回の地震が平日に起きていたら被害は更に甚大な物になっていたでしょう。

県内も南海トラフ地震などに備え各自治体が協力し合い、避難計画の作成などの動きが活発化しているようです。

今年に入り、「地震対策で飛散防止フィルムを貼ってをは欲しい」「窓ガラスが割れるのを防いでほしい」「窓ガラスを強化してほしい」などの冒頭にお話しした「今やるべき備え」のお問い合わせが続いています。備えあれば患いなし!

大分県で窓ガラスやガラスフィルムのご相談は「HARU工房いちまる」にお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

新年のご挨拶

まず初めに、この度の能登半島地震により被災された方には心よりお見舞い申し上げます。一日も早いご復旧をお祈り申し上げます。

 

年末年始のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
HARU工房いちまるでは誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。

 

年末年始休業期間:2023年12月30日(土)~2024年1月3日(水)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2024年1月3日(水)以降回答をさせていただきます。

 

                         代表 一丸弘貴

 

ガラスフィルムで省エネ対策!

今回は、「フィルムを貼れば電気代は安くなりますか」というお問い合わせが数件あったのでそれについてお答えしていこうかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬になると当然、外の気温が低くなり、大分県でも地域によっては氷点下になります。室内は外壁、屋根、床、窓ガラスにより、屋外からの直接的な冷気をシャットアウトしてくれます。しかしこれだけでは暖かくなりませんよね?では皆さんはどの様な方法で部屋を暖かくしますか?

 

① カーテンを閉める

皆さんは、知らず知らずのうちにカーテンを閉めていますが、夏の強い日差しをカットしたり、外からの視線を防いだりするだけではありません(笑)

 

② 暖房器具を使用する

石油ストーブ、石油ファンヒーター、エアコン、ハロゲンヒーターなど様々な暖房器具を用いて室内を暖かくする。

しかしながら、電気料金の値上げ、石油価格の高騰により毎月の電気代、灯油代に家計が圧迫しているのも事実ですよね?💦そこで登場するのが「遮熱断熱フィルム」です。

 

効果とすれば①に近いかもしれません。暖房器具を使用しても室温がどんどん上昇していくわけではありませんよね?せっかく温まった空気は「窓ガラス」から流出しているのです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に遮熱断熱フィルムを貼ると夏の暑さを遮断し、冬の暖かさを逃さないという2つの効果が期待されます。これにより夏冬ともエアコンを快適な温度に設定でき、省エネ(電気代節約)に繋がります

もちろん一般家庭だけではなく企業様など年間の空調費などの経費削減にも有効的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「HARU工房いちまる」ではガラスフィルムで少しでも省エネ&空調費削減出来ればと思っています🤗これから一段と寒さも厳しくなります💦ガラスフィルムで快適な生活をしてみませんか?

新築でよくあるお悩み

今年も残すところ1ヶ月。

大分県も冬らしい寒さがやってきました💦

そんな中、今回は「新築のお客様からよくあるお問い合わせ」についてお話ししていこうと思います。

① 家を建てた後に「意外と外からの視線が気になる」

② 小さい子供が居るので「防犯面が気になる」

③ 「フローリング焼けなどが気になる」

④ 「意外と夏は暑いし、冬が寒い」

この4つはとても多いお問い合わせ内容です。②~④までは後日お話しするとして・・・

本日は杵築市のお客様からのご依頼で、①「意外と外からの視線が気になる」との事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月中旬に現地調査→下旬にフィルム工事、家の引き渡しとお客様的にもハウスメーカーさんもとてもお忙しそうでした💦

写真は施工前。南側から室内が丸見えになってしまっています。カーテンを取り付けるようですが、やはり日中は部屋が暗くなる為、なるべくならカーテンを開けておきたい様でした。

コチラから選定させて頂いた2種類のミラー系のフィルムを仮貼りし、外から確認してもらい、やや薄いミラー系フィルムをお選び頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラが施工後の写真になります↑

 

今回のお客様は快く撮影させて頂きました(笑)

↓室内側よりパシャリ📸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから更に寒さが厳しくなります。休日、寛いでいるはずのリビングなのに外からの視線が気になってカーテンを閉めてしまい、部屋が暗くなって一段と寒く感じる室内💦

「HARU工房いちまる」はそんなお客様のお悩みを窓ガラスフィルムで解決いたします!

是非お問い合わせ下さい!

ガラスフィルムでウイルス対策

2020年、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、日本政府主導の下、マスクの装着とこまめな手洗い、アルコール消毒などによる感染防止対策が推し進められてきました。

今後、コロナ及びインフルエンザの感染拡大の長期化が、持続的な対策が求められています。

しかしながらマスクを着用していない人もかなり見受けられるようになってきました。

そんな中、今回はサンゲツ社製の「抗ウイルスフィルム Vスイープ」のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓ガラスや家具類の平滑面に抗ウイルス・抗菌フィルムを貼るだけで、ウイルスや細菌を99%以上減少させることができる稀有な高機能ガラスフィルムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎抗ウイルスフィルムの特徴

・SIAAマークを取得した「透明フィルム」

・フィルム表面のウイルスが「99%以上」減少。

・エンベロープ有り、エンベローブ無しの両種のウイルスに効果を発揮。基本的にほとんどのウイルスに対応。

・抗菌機能

・紫外線を99%カット

・ガラス飛散防止

・防虫効果

・フィルムに傷が付きにくいハードコート仕様

CHECK☞ ※SIAAとは?

 

◎抗ウイルスフィルムのおすすめ使用場所

・ホテルの客室の窓ガラス

・歯科医院の窓ガラス

・病院・福祉施設の窓ガラス

・大人数が集まる会議室やガラスパーテーション

・飲食店の窓ガラス

・美容院・ヘアサロンの窓ガラスや鏡

・スーパーマーケットの冷凍・冷蔵ガラス

・商談用のガラステーブル(凹凸のないガラステーブル)

 

◎抗ウイルスフィルムの施工価格

メーカー設計施工価格→ ¥29,500(税別)

 HARU工房設計施工価格→ ¥26,500(税別)

 

この様な様々な場所に最適の抗ウイルスフィルム。寒い季節になれば「断熱フィルム」だけではありません!安心して空気の入れ替え(換気)をしたいものですよね💦

大分県で窓ガラスフィルムでお悩みの方は「HARU工房いちまる」までお問い合わせ下さい!

 

 

ガラスフィルムで窓リフォーム

朝晩がかなり冷え込んできましたが、今年も残すところあと2ヶ月。

先日、大分県玖珠町に行ってきましたが朝の最低気温が8℃!日出町に住んでいますが、毎朝15℃前後なので一瞬「冬」を感じました💦

今回は「リノベーション」について少しお話します。最近よく耳にする「リノベーション」。響きはオシャレですが、定番の「リフォーム」との違いをご説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CHECK☞「リノベーション」とは?「リフォーム」とは何が違うの?

◎リフォームとは・・・古い状態を新品のようにする

◎リノベーションとは・・・既存のものの価値を高める

簡単に説明するとリフォームはマイナスの状態からゼロにする工事で、住宅に新たな価値をプラスすることです。

リノベーションとは、キッチン周りなどの『部分的なリノベーション』から、家の骨組みから再構築して理想の空間を創り上げる「フルリノベーション」まで、さまざま。

フルリノベーションなら、「お子さんが生まれた」「2世帯で暮らすため、バリアフリーな家造りをしたい」など、ライフスタイルに合わせて、理想の住宅に作り替えれるのもポイントです。

しかも、建て替えよりも金銭的なハードルが低いため、近年人気になっています。

窓ガラスに関しては上記でお伝えした『部分的なリノベーション』に当てはまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓周りのリノベーション

◎内窓を作る・・・断熱、結露防止、防音、防犯、デザインなど

①費用・・・10万円~30万円(一般的な戸建て住宅のリビングの窓ガラス)

メリット→簡単に施工できる。

デメリット→窓を開ける時に窓を二つ開けないといけない。

 

◎サッシを作る・・・断熱、結露防止

②費用・・・5万円~30万円(一般的な戸建て住宅のリビングの窓ガラス)

メリット→現状の見た目のまま遮断熱効果を得られる。

デメリット→窓が通常の窓より重くなる(複層ガラスの為)

 

この様に、窓のリノベーションについて「遮熱、断熱、結露防止、防犯」などのに関しては、どちらを選択してもかなりの効果があります。

しかしながらやはり気になるのが「費用」です。リビングの窓ガラスの枚数にもよりますが、かなりの出費になりますね💦

弊社で取り扱っている「窓ガラスフィルム」はフィルムの種類・窓ガラスの枚数にもよりますが、「低価格で窓のプチリノベーション」を実現します。

更に冷え込みが厳しくなってきます。窓ガラスでお悩みの方は、窓ガラスフィルム施工専門店「HARU工房いちまる」までお問い合わせ下さい!